買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

致知出版社刊行書籍に元志摩観光ホテル総料理長・故高橋忠之さんの言葉

致知出版社刊行書籍に元志摩観光ホテル総料理長・故高橋忠之さんの言葉

致知出版社刊行書籍に元志摩観光ホテル総料理長・故高橋忠之さんの言葉

  • 56

  •  

 致知出版社(東京都渋谷区)が昨年11月30日に刊行した書籍「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」に、一昨年12月6日に亡くなった元志摩観光ホテル総料理長兼総支配人の高橋忠之さんの言葉が収録されている。

【その他の画像】「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」(致知出版社)

 同書は、1978(昭和53)年創刊の月刊誌「致知(ちち)」で取り上げた1万本以上のインタビューや対談の記事の中から一部を抜粋し再構成し、1年365日、1日1ページに1人として365人分をまとめ、「人間力と仕事力が身につく 仕事ができる人はここが違う」とサブタイトルをつけた。

[広告]

 収録されている人物は、稲盛和夫さん(京セラ名誉会長)、孫正義さん(日本ソフトバンク社長)、舩井幸雄さん(船井総合研究所社長)、日野原重明さん(聖路加国際病院理事長)、山中伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所所長)、佐藤可士和さん(クリエイティブディレクター)、千玄室(茶道裏千家前家元)などさまざま。1981(昭和56)年8月号掲載の谷川徹三さん(哲学者)のページが最も古く、2020年6月号掲載の小林研一郎さん(指揮者)のページが最新となっている。(カッコ内の肩書は「致知」掲載当時のもの)

 三重県に関係する人物は、「1月31日」に今野華都子さん(タラサ志摩スパ&リゾート社長)、「2月21日」に吉田栄勝さん(一志ジュニアレスリング教室代表)、「6月23日」に尾車浩一さん(尾車部屋親方)、「9月22日」に吉田悦之さん(本居宣長記念館館長)など。

 高橋さんの言葉は「7月4日」に収録。2005(平成17)年1月号の表紙も飾り、大分県の湯布院町のまちづくりを先導した溝口薫平さん(由布院玉の湯会長)との対談の中から抜粋した言葉がつづられている。

 現在は、明和町に「伊勢やまとごころの伝承館『華雅庵(かがあん)』」(多気郡明和町)を開き、「洗顔洗心塾」や「古事記に学ぶ華都子塾」などを主宰するエステシャンでアイテラス社長の今野さんは「私は高橋シェフとお会いすることはかなわなかったが、お亡くなりになってもこのように珠玉の言葉に触れることができることにただただ感謝。この本は、経営のバイブルであり、哲学書であり、愛の実践の教科書。この本に手を当てただけで涙が出てくる。毎日読むと、その時必要な言葉が飛び込んでくるに違いない。自分自身と大切な人へのプレゼントにも最適だと思う」と話す。

 価格は2,585円。三重県内の販売は、宮脇書店(津店)、TSUTAYA(鈴鹿中央通店)、未来屋書店(日永店・津城山店・津南店)、丸善(四日市店)など。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?