見る・遊ぶ

伊勢志摩で撮影、井浦新さん成田凌さん出演の映画「ニワトリ☆フェニックス」地元試写会

ほぼ伊勢志摩で撮影、井浦新さん成田凌さん出演の映画「ニワトリ☆フェニックス」地元試写会

ほぼ伊勢志摩で撮影、井浦新さん成田凌さん出演の映画「ニワトリ☆フェニックス」地元試写会

  • 108

  •  

 ほぼ伊勢志摩で撮影した映画「ニワトリ☆フェニックス」の地元試写会が12月9日、阿児アリーナ(志摩市阿児町)で行われた。

【その他の画像】映画「ニワトリ☆フェニックス」地元試写会

[広告]

 同作は、2018(平成30)年公開の映画「ニワトリ★スター」で雨屋草太を演じる井浦新さんと星野楽人を演じる成田凌さんらメインキャストはそのままに、伝説の「火の鳥」を探す2人の旅を追うロードムービー。紗羅マリーさん、LiLiCoさん、津田寛治さん、阿部亮平さん、奥田瑛二さんらも出演する。監督・脚本は前作と同じかなた狼さんが務める。

 約98%を伊勢志摩で撮影したという試写会には、撮影に協力した人や撮影地の自治体関係者を招待。かなたさんとプロデューサーのオシアウコさんのほか、伊勢市長の鈴木健一さん、鳥羽市長の中村欣一郎さん、志摩市長の橋爪政吉さん、南伊勢町副町長の広田眞理子さん、三重県雇用経済部観光局局長の小見山幸弘さん、伊勢志摩フィルムコミッション代表で三重県議会議員の中川正美さんが出席、全員がステージであいさつし、記念撮影に臨んだ。

 今作について、かなたさんは「新と凌の2人とオンラインで、『演じるものがあっての俳優だということ、コロナ禍で自粛ですべての撮影が止まり、自分たちには何もない。世の中が止まり自分たちの存在価値が感じられない。輝かせてもらえるのは応援があるおかげだと気付いた』と会話する中で世の中が暗い時にこそ自分たちにできることがあるのでは。とリモートで打ち合わせを重ね、2020年5月30日に3人同時にインスタグラムに『ニワトリ☆フェニックス 』の始まりとなる動画を上げた」と説明。「動画のタイトルが『ありがとう。』だったので伊勢志摩版ポスターにも、全スタッフ・キャストから、ロケ地・伊勢志摩へ、さらにクラウドファンディングで支援してくれた人に感謝の気持ちを込めた」と話した。

 かなたさんは「2016(平成28)年1月に伊勢神宮参拝で伊勢を訪れた。宿泊したホテル近くの居酒屋『満船屋』(伊勢市宮後)で食事をした時、店主の中村隼人さんと会話が弾み、2015(平成27)年に会社を設立したばかりの僕たちと同年に店をオープンしたばかりの中村さんとの境遇が重なって仲良くなった。今作も、前作が伊勢から始まったので、撮るなら伊勢でと考え中村さんに相談したところ、伊勢志摩フィルムコミッションを紹介してくれ話が進んだ。草太と楽人が乗るヴィンテージカーも中村さんから借りた」と打ち明けた。

 試写会を締めくくり、かなたさんは「ニワトリが火の鳥となり、再び羽ばたく姿を想像して撮影した映画。生涯忘れられそうにない奇跡で、撮影中に巨大な火の鳥が空に姿を現した瞬間も映画の中に明確に刻み込んだ。この地から生まれた作品なので、応援してほしい」と頭を下げた。

 井浦さんと成田さんもメッセージを寄せた。

 井浦さんは「今までも伊勢志摩には何度も足を運んだ大好きな地。今年の夏の2週間、ヴィンテージカーに乗っての撮影は伊勢志摩だからこそ経験できた夢のような時間だった。伊勢志摩の人々の温かさと豊かな自然に恵まれて完成した。伊勢志摩は『ただいま!』って帰る大切な場所になった」とする。

 成田さんは「映画の神様からのプレゼントはごくまれにあるが今回は、神様と伊勢志摩が手を組んでくれたのか、毎日素晴らしいプレゼントをもらえた。毎日しっかり空を見て、いつもより多く呼吸していた気がする。ニワトリも狼も毎日幸せだった」とした。

 来春の全国ロードショーを目指す。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース