食べる

特大パリパリうなぎ1匹が反りはみ出る「極上丼」話題に-伊勢「うな嘉」

特大パリパリうなぎ1匹が反りはみ出る「極上丼」話題に-伊勢「うな嘉」

特大パリパリうなぎ1匹が反りはみ出る「極上丼」話題に-伊勢「うな嘉」

  •  
  •  

 パリパリに焼いたかば焼きが評判のうなぎ店「うな嘉(うなよし)」(伊勢市岡本、TEL 0596-28-3358)が、今年4月28日から提供している特大うなぎ1本を丼に載せた「極上丼『極みの一本』」(2,600円)が話題を集めている。

伊勢のうな嘉の「極上丼 極みの一本」特大のパリパリうなぎ1匹が反りはみ出る

 老舗のうなぎ店がひしめき合う伊勢地域において2009年5月オープンと後発の同店。店主の中西一輝さんは「パリパリの食感を大切に心を込めて焼いている。『パリパリのうなぎなら、うな嘉』といってもらえるような店を目指している」と話す。

[広告]

 「国産うなぎを使用し産地にはこだわらないのがこだわり。その時一番おいしいうなぎに、伊勢市の山間部・横輪地区と小俣町で採れた粘りが少なくタレを掛けたときにおいしく馴染(なじ)むコシヒカリを仕入れている」と中西さん。

 話題の「極上丼」は、焼いた時点で200グラム以上ある特大サイズのうなぎが切らずに1匹そのまま丼の上に載る。「パリパリうなぎ」ならではの特長として、丼に載せても折れることなく反り返る。小鉢とサラダ、肝吸い、漬物が付く。「子どものころ肉厚ステーキとか独り占めしてかぶりついたときは幸せだったな~と思い、うなぎのかば焼きも丸々1匹をかぶりつけたら幸せになれるのでは? と思ったのがメニュー化のきっかけ」と打ち明ける。

 同店をよく訪れるという地元・伊勢出身の廣垣大毅(ともたか)さんは「初めて食べたときは、うなぎ200グラムがどれくらいのものなのか?丼が小さいから大きく見えるのでは?と思ったが、丼は小さいというよりむしろ、やや大きめ。そこから両側にはみ出たうなぎ。正直、どこから手をつけていいかわからぬまま、端からガブリと食らいついた(笑)。ここまでうなぎを堪能できるうな丼はない」と断言する。

 中西さんは「もっと食べたい人には『極みの一本半(3,500円)』『極みの二本(4,300円)』もあるのでお試しいただければ。伊勢西インターチェンジを降りてちょうど、伊勢神宮内宮(ないくう)と外宮(げくう)の真ん中にあるので、参拝前・後でお立ち寄りいただければ」とアピールする。廣垣さんは「今度は『極みの二本』に挑戦したい」と約束する。

 そのほかのメニューは、極上丼と同じサイズのうなぎを半分に切って重にした「極上重」(2,600円)、「ひつまぶし」(2,300円)、「ミニひつまぶし」(1,800円)、通常のうな丼は「小、2切れ」(1,000円)、「並、3切れ」(1,400円)、「中、4切れ」(1,700円)、「上、5切れ」(2,000円、以上肝吸い・漬物などが付く)。平日のランチタイムには1,300円以上の料理で「うなぎ屋オリジナルプリン」(100円)をサービスする。

 営業時間は11時~14時30分、16時~20時、火曜定休。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?