天気予報

12

3

みん経トピックス

伊勢神宮神嘗祭、3日間雨代々木高生、熊本被災地支援

「伊勢開運手帳2018」、文筆家の千種清美さんが出版 「春夏秋冬を伝えたい」

「伊勢開運手帳2018」、文筆家の千種清美さんが出版 「春夏秋冬を伝えたい」

「伊勢開運手帳2018」、文筆家の千種清美さんが出版 「春夏秋冬を伝えたい」

写真を拡大 地図を拡大

 伊勢神宮についての講演や執筆活動を行う文筆家の千種清美さんが10月15日、昨年に続き「伊勢開運手帳2018」を月刊Simple編集部(度会郡玉城町)から出版した。

【その他の画像】千種清美さん「伊勢開運手帳2018」

 明和町在住で皇学館大学(伊勢市神田久志本町)非常勤講師や明和町観光大使などを務める千種さんは、NHK津放送局アシスタント、タウン誌「伊勢志摩」編集長を経て、文筆家として活動する。

 同手帳は昨年、千種さんが伊勢をもっと知ってもらいたいと思い企画したもので、2年目の発行になる。伊勢神宮の祭典をはじめ、伊勢で行われる祭りやイベント、二十四節気、六曜、月齢、干満、季節の言葉、伊勢志摩地域の花の名所、千種さんによる101のコラムなどの情報を網羅。ビニールカバーにペンが挿せる機能、青海波柄と志摩市在住のイラストレーターシャンティーさんの犬のイラストがデザインされた2種類のリバーシブルの表紙が付く。

 千種さんは「伊勢志摩の春夏秋冬を伝えたい。私たちは何気なく過ごしているが伊勢志摩には海も山もあり、季節の移ろう様子を感じることができる。そんな季節を感じていただくきっかけになれば」と話す。「『七十二候による季節』『WISH LIST(やりたいこと・覚えておきたいリスト)』の項目を追加した。地元の人や地元以外の伊勢ファンに使っていただければ」とも。

 2色刷り、全192ページ。価格は1,080円。Amazon、Simpleのホームページ、三重県内の大型書店、伊勢神宮内宮(ないくう)外宮(げくう)周辺の土産物店、三重テラス(東京都中央区)などで取り扱う。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

和具漁港源吉丸の出航、和具漁港  →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング