食べる 見る・遊ぶ 買う

志摩スペイン村が25周年 アニバーサリー企画めじろ押し、謎解き迷路も

志摩スペイン村が25周年 写真は一新したフラメンコショー

志摩スペイン村が25周年 写真は一新したフラメンコショー

  •  
  •  

 今年4月に開園25周年を迎える志摩スペイン村(志摩市磯部町、TEL 0599-57-3333)パルケエスパーニャが2月9日から、春の営業を開始した。

【その他の画像】志摩スペイン村が開園25周年

 同園は、国の総合保養地域整備法(リゾート法、1987年施行)の全国第1号の承認を受けた三重県の「三重サンベルトゾーン」構想の中核施設として1994年4月22日に開業。近畿日本鉄道(大阪市)などが約600億円をかけて作ったスペインの魅力を伝えるテーマパーク。スペインの街並みを再現し、スペイン人ダンサーによるフラメンコショーやアトラクションが人気を集めている。

[広告]

 25周年を記念したさまざまなアニバーサリー企画「25th アニバーサリー」では、「カルメンホール」で毎日上演するフラメンコショーを一新、スペイン南部の港町「カディス」の明るく楽しいカーニバルをイメージしたショーに(予約制、1ドリンク付き大人=500円)。3月23日には謎解き屋内迷路「メイズ25~黄金王からの挑戦状~」が登場、4月27日にはプロジェクションマッピングが新作「太陽、月、ラプソディア。」になる。

 また三重県民にはパスポート料金を約25%割引き(三重県在住の証明書提示)、年間パスポートも2月9日~4月22日までの期間購入者に25%割引きに。「学割満喫パスポート」は2月9日~3月31日の期間限定で1人=2,500円で販売する。そのほか同園内の飲食店でも「25」の数字にこだわった料金メニューを提供する。

 同園の中根博文社長は「開園以来約4600万人の皆さまにご来場いただいている(2019年1月末現在)。志摩スペイン村を支えてくださった全ての皆さま『Amigo(アミーゴ・友だち)』に『Gracias(グラシアス・感謝)』をお届けするとともに、これからも心ときめく、心弾むエンターテイメント&アミューズメントパークであり続けていくことを決意。記念すべき25周年の志摩スペイン村をぜひとも体感してほしい」と呼び掛ける。

 通常のパスポート料金は、大人=5,300円、中人(中学・高校生)=4,300円、小人・シニア(60歳以上)=3,500円。2月中の営業時間は9時30分~17時。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?