見る・遊ぶ 学ぶ・知る

伊勢湾岸から「王冠富士」 直線距離で200キロ以上離れる富士山と朝日が重なる

伊勢湾岸から「王冠富士」 直線距離で200キロ以上離れる富士山と朝日が重なる

伊勢湾岸から「王冠富士」 直線距離で200キロ以上離れる富士山と朝日が重なる

  •  
  •  

 松阪市在住の吉田紘(ひろし)さんが6月1日、直線距離で200キロ以上離れる富士山と朝日が重なる「王冠富士」の撮影に成功した。

【その他の画像】志摩市在住の泊正徳さんが昨年7月22日に撮影した「王冠富士」

 吉田さんは、ホワイト歯科医院(松阪市大黒田町)の院長を務め、全日本写真連盟に所属。毎朝病院がオープンするまでの時間に富士山と朝日を追いかけ撮影に出かけている。

[広告]

 この日は、伊勢市東豊浜町の伊勢湾岸、宮川河口から撮影。曇り空だったが朝日が昇る一瞬、雲の隙間から富士山のシルエットが太陽の光で照らされ現れた。

 吉田さんは「6月1日に、今季3度目の王冠富士。関東沖の厚い雨雲を通り抜けてきた光が王冠富士を映した。わずか1、2分の出来事だった。水平線に雲があり、あまり天気が良くないと思ったが出かけて良かった。奇跡を信じて待機していた友人と握手して喜び合った」と微笑む。

 吉田さんは令和元年に入ってから、5月4日・5日に津市の青山高原から令和初の「王冠富士」を、伊勢湾岸に移動してからは5月10日に津市雲出鋼管町の日本鋼管付近と、5月25日に多気郡明和町の大淀(おいず)海岸から「王冠富士」の撮影に成功している。

 三重県の四日市市から鳥羽市まで伊勢湾沿いの海岸からは、ほぼどこからでも富士山を観測できる(三重県は、海抜0メートル地点から富士山を観測できる最遠の地)。朝日と富士山が重なるのは、津市の海岸を5月3日ごろスタートし、夏至に伊勢市二見町を折り返し、8月10日ごろまで。ただし、四日市市から松阪市までの位置からは富士山の前に山々が連なり、その山に富士山が隠れるため、見えているが富士山と認識することはかなり難しい。富士山と認識できる場所から朝日と重なるベストポイントは、明和町の大淀海岸から伊勢市二見町夫婦岩の海岸までの区間。

 毎年夏至前後に二見興玉神社(伊勢市二見町)の夫婦岩の大しめ縄の間からも富士山と朝日が重なる。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?