見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

志摩市の伊勢神宮・伊雑宮で「御田植祭」 神事終了すると大量の恵みの雨

志摩市の伊勢神宮・伊雑宮で「御田植祭」 神事終了すると大量の恵みの雨(撮影=加藤直人)

志摩市の伊勢神宮・伊雑宮で「御田植祭」 神事終了すると大量の恵みの雨(撮影=加藤直人)

  • 172

  •  

 伊勢神宮内宮(ないくう)の別宮「伊雑宮(いぞうぐう・いざわのみや)」(志摩市磯部町)で6月24日、「御田植祭(おみた・おたうえさい)」が執り行われた。

【その他の画像】「御田植神事」が終了すると大量の恵みの雨

[広告]

 同祭は、香取神宮(千葉県香取市)と住吉大社(大阪市住吉区)の御田植祭とともに日本三大御田植祭の一つといわれている。「磯部の御神田(おみた)」として国の重要無形民俗文化財の指定を受けている。

 通常であれば、伊雑宮でおはらいを行い、場所を神田に移し、田道人(たちど)と白い衣装に赤いたすきがけの早乙女(さおとめ)が苗場を3周半回って苗を取る。裸男たちが「太一」と書かれた大きなうちわのついた忌竹(いみだけ)を泥だらけになりながら奪い合う「竹取神事」、赤い衣装を着た倭姫命(やまとひめのみこと)に扮(ふん)した太鼓打ちが田舟に乗り田楽を奏でながら、早乙女らが田植えを行う「御田植神事」、作業終了後同宮一の鳥居まで役人一同が踊りながら行進する「踊込み」が行われる。

 昨年は、新型コロナウイルス感染拡大を懸念し同祭を中止。今年は「竹取神事」を行わず、一部省略するなど変更し、役人はフェイスシールドを着用して祭典に臨み、祭典中の役人への神酒(みき)の振る舞いも無くすなど、万全のコロナ対策を施し行われた。例年、参道には出店が並び、大勢の見物客も訪れ賑わうが、関係者以外入場できないようにするなど、苦渋の決断をせざるを得なかった。

 同祭の振り付けなど、全ての祭りの総指揮を担当する「師匠」の谷崎豊さんは「磯部町の9地区が7年に一度輪番制で、おみたを継承してきた。昨年の担当区は迫間(はさま)だったが、コロナの影響や社会情勢を考え、おみたを中止することを決断した。役人として選ばれた子どもたちのことを考えて今年もう一度行うことを決めたことは大変なことだと思う。なぜなら輪番制で7年に一度しか役人が回ってこないから全地区が1年遅くなることになる。役人に選ばれることはとても栄誉なことで、その子どもにも影響する。磯部町全地区の総意として理解してもらい取りまとめた迫間自治会の西岡建雄区長の英断に、心から敬意を表したい」と話す。

 「おみたは3粒でも必ず雨が降る」といわれ、稲作と水と祭りの重要性を言葉に残している。この日の朝の天気は晴れ。快晴の中執り行われていた祭典は12時ごろ「御田植神事」が終了し、神田から役人全員が退出すると同時に、雨が降り始めた。その後バケツをひっくり返したような豪雨になり、12時40分に始まる「踊込み」の時間にはピタッと再び晴れ上がった。

 谷崎さんは「30年以上おみたに関わってきたが、(神さまが)ここまで顕著に雨を降らせて、我々に見せてくれたのは初めてかも。ちょうど神事が終わってみんながテントの中に入ったすぐの豪雨だったので、誰も濡れないで済んだ。まさに豊作を祈る恵みの雨。昨年おみたができなかった無念さを理解して雨を降らせてくれたのかも知れないと思うと、神がかりな現象に、自然と感謝が湧く」とほほ笑む。

 同祭は、鎌倉時代に成立したとされる伊勢神宮の「神道五部書」の一つ「倭姫命世記」に書かれた、第11代垂仁天皇の皇女・倭姫命が伊勢神宮に納める神饌(しんせん)を探し求めて志摩を訪れた時、昼夜鳴く1羽の白真名鶴が稲穂をくわえていた「白真名鶴伝説」「鶴の穂落とし伝説」に由来するとされ、平安時代末期か鎌倉時代初期から続いている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース