食べる 見る・遊ぶ 買う

鳥羽のブルーベリー農園「とこよの郷」がリニューアル、カフェも一新

鳥羽のブルーベリー農園「とこよの郷」がリニューアル、カフェも一新

鳥羽のブルーベリー農園「とこよの郷」がリニューアル、カフェも一新

  • 157

  •  

 2014(平成26)年7月にオープンしたブルーベリー農園と農園カフェを併設した「みのなる森 とこよの郷」(鳥羽市畔蛸(あだこ)町、TEL 0599-33-7166)が6月4日、リニューアルオープンした。

【その他の画像】新しくなった鳥羽のブルーベリー農園「とこよの郷」

[広告]

 太平洋から熊野灘までが一望できる高台に立つ同施設。港湾建設用の石などを運び設置する海運業を営む盛徳海運建設(鳥羽)が2010(平成22)年に購入した約8ヘクタールの森の一部を開発し、ハイブッシュ系の「アクアシェル」「スパルタン」、ラビットアイ系の「ブライトウェル」「ブルーマル」など16品種計700本のブルーベリーをポット栽培し、約500本のヤマトタチバナやモモやウメ、イチジクなどの果樹を植える「農園」を運営してきた。

 リニューアルでは、新たにカフェ「TOKOYO CAFE(トコヨカフェ)」とショップ「郷のお店」を新設。カフェでは、ブルーベリー栽培のシーズンオフでも年間通して来てもらえるようにランチメニューを加え、カフェメニューを充実させた。ショップには、クリエーターの作品を充実させ、同園オリジナル商品や地元農家が栽培した野菜の販売などを行う。

 カフェで提供するのは、ブルーベリースムージー(600円)、ブルーベリーフラッペ(400円)、ブルーベリーパフェ(1,000円)、ブルーベリーかき氷(650円)、ブルーベリーパイ(300円)、コーヒー・紅茶・ソフトドリンク(350円)など。ランチでは、夏野菜カレー(1,000円)、ピザ(しらすとくるみのしそベーゼ、半熟卵とベーコン、ブルーベリーとクリームチーズ)(800円)などを提供する。。

 同社社長の小田徳彦さんは「ゼロから始めたブルーベリー栽培だった。鳥やイノシシとの知恵比べは常にあるが、毎年おいしい実を付けてくれている。常連客も多く、好みの栽培品種を目的に来る人や全品種を食べようとシーズンになると定期的に来てくれる人もいる。今回のリニューアルは、利益を出して通年営業できるようにするため。ランチメニューも用意した」と話す。

 ガーデンエリアには、全国の港湾・護岸工事用に使用する尾鷲市で採れる花こう岩『紀州石』2000トン以上を使った。「使えるものは可能な限り使った」と小田さん。ショップには海上コンテナを、駐車場には本業で使えなくなったロープを、周囲のフェンスには木材の端材を、それぞれ使う。「循環型社会の一端を担えるように努めた。森で切った木を炭にするプラントも完成した」と説明する。

 7月のオープンを目指し、新たにバーベキューサイトやサウナ付きデイキャンプ施設の準備を進める。小田さんは「的矢湾を望む絶景に恵まれる当施設が、癒やしの場になれば。もっと多くの人に来てもらいたい」と話す。

 営業時間は10時~16時。火曜・水曜定休。要予約で体験できる農園での摘み取りは時間制限なし食べ放題で、料金は、大人=1,500円、4歳~中学生=1,000円、4歳未満無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース