伊勢神宮の宇治橋と鳥居と太陽が一直線に-冬至の朝だけの自然現象

7時40分ごろ、宇治橋と鳥居と太陽が一直線になると、シャッター音とともに、歓声がわき、手を合わせてお祈りする人や涙を流す人もいた。

7時40分ごろ、宇治橋と鳥居と太陽が一直線になると、シャッター音とともに、歓声がわき、手を合わせてお祈りする人や涙を流す人もいた。

  •  
  •  

 一年で最も夜の時間が長い冬至の日12月22日に、伊勢神宮・宇治橋と2つの鳥居を結んだ一直線上に太陽の光が輝いた。

霜柱の立った宇治橋は真綿の衣装をまとったように美しい。

 冬至を挟む2カ月間だけ、宇治橋の鳥居の中に朝日が入ることから、日の出前にはアマチュアカメラマンら約600人が宇治橋前に集合した。今年11月3日に新調されたばかりの新宇治橋にとって1回目の冬至の朝になった。

[広告]

 この日7時40分ごろ、宇治橋前に集まった人のほおに太陽からの光と熱が届くと、シャッター音とともに歓声が沸き、中には手を合わせて祈る人や涙を流す人もいた。

 日が昇り落ち着くと、宇治橋前に集まった人たちは、そのまま宇治橋を渡り伊勢神宮に参拝に向かったり、伊勢市観光協会が振る舞ったカボチャぜんざいの列に並んだりした。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?