見る・遊ぶ 学ぶ・知る

伊勢神宮で平成最後の「月次祭」 黒田清子神宮祭主奉仕、新年の準備も着々

伊勢神宮で平成最後の「月次祭」 黒田清子神宮祭主奉仕、新年の準備も着々

伊勢神宮で平成最後の「月次祭」 黒田清子神宮祭主奉仕、新年の準備も着々

  •  

 伊勢神宮125社全ての宮で12月15日~25日、伊勢神宮の最も重要な祭り「三節祭(さんせつさい・みおりのまつり)」の一つ「月次祭(つきなみさい)」が行われている。

【その他の画像】黒田清子神宮祭主

 年間1500回ほどの祭りが行われている伊勢神宮で最も重要な祭りとして、毎年6月と12月の月次祭と10月の「神嘗祭(かんなめさい)」を合わせて「三節祭(さんせつさい)」と呼ぶ。

[広告]

 月次祭は、外宮で15日の22時「由貴夕大御饌(ゆきのゆうべのおおみけさい)」と16日の2時「由貴朝大御饌(ゆきのあしたのおおみけ)」の2回、伊勢エビ、アワビタイなど約30品目の神饌(しんせん)を奉納し、16日12時に皇室より送られた幣帛(へいはく)を奉納する「奉幣(ほうへい)」が執り行われ、内宮(ないくう)でも同様に16日の22時と17日の2時の2回の「由貴大御饌祭」、17日12時「奉幣」が繰り返される。同25日までの期間に伊勢神宮125社で同様の祭典が行われ、神恩に感謝し、五穀豊穣、国家繁栄、国民の幸福、世界平和への祈りを続けている。

 黒田清子神宮祭主は15日~17日の3日間、頭に木綿鬘(ゆうかずら)、緋(ひ)色の浅沓(あさぐつ)を履き、桧扇(ひおうぎ)を手に持ち、白衣・緋袴(ひばかま)・小袿(こうちぎ)といった平安の装束で祭典を奉仕した。

 伊勢神宮の境内では、大みそかの大かがり火(どんど火)や臨時の守り授与所の設置など初詣客を迎える準備が着々と進められている。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?