見る・遊ぶ

鳴門市の電柱生まれのコウノトリ「歌」、日本列島飛び回り志摩市再訪

鳴門市の電柱生まれのコウノトリ「歌」、日本列島飛び回り志摩市再訪(撮影=岩咲滋雨)

鳴門市の電柱生まれのコウノトリ「歌」、日本列島飛び回り志摩市再訪(撮影=岩咲滋雨)

  •  
  •  

 志摩市の水田で11月8日、昨年末に飛来し1カ月近くいたコウノトリの「歌(うた)」がぐるっと日本列島を飛び回りながら再び戻ってきた。

【その他の画像】2回目の飛来コウノトリの「歌」ちゃん

 トキやオオハクチョウなどとともに国の特別天然記念物に指定されているコウノトリは、「幸せを運ぶ鳥」「赤ちゃんを運ぶ鳥」といわれる大型の鳥で、翼を広げると大きいもので2メートルになる。黒いクチバシ、白と黒のツートンカラーの羽、朱から赤の足、目の周囲が赤いのが特徴。

[広告]

 「歌」の確認は2度目。前回は昨年12月29日に志摩市の水田で確認された。足には足環が付けられ、右=黄赤、左=黄黄の色から個体識別すると「J0181」、昨年3月13日に徳島県鳴門市の電柱の上に作られた巣の中で生まれた雌の「歌」の可能性が高いという。「歓喜の歌をコウノトリの翼にのせて、鳴門市から世界の平和を願う」とのメッセージを込めて鳴門市が命名した。

 今年に入ってからの「歌」の行動をSNSなどから追跡すると、3月13日ごろに茨城県神栖(かみす)市、7月31日ごろから8月2日ごろまで千葉県野田市、8月7日ごろに栃木県小山市、8月27日ごろに埼玉県坂戸市で目撃されている。

 昨年の「歌」は、7月11日まで鳴門市、7月18日に香川県坂出市、8月2日に鳴門市に帰郷。その後、8月18日に山口県岩国市、9月3日に京都府、9月16日に和歌山県、11月3日に静岡県浜松市の浜名湖岸近く、12月17日愛知県知多郡で目撃後、12月29日ごろ志摩市で確認約1カ月間ほぼ同じ水田でザリガニなどをついばんでいた。

 「歌」は昨年は西日本を飛び回り、1歳になった今年は東日本を中心に飛び回っていると見られる。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?